中型自動車免許取得の費用・条件・期間など

合宿免許のマイライセンスホーム > 取得免許から探す > 中型自動車免許 > 中型自動車免許取得の費用・条件・期間など

中型自動車免許とは?

中型自動車免許とは?

その昔、「普通車」と「大型」免許の区分しかない時代がありました。
当時は、普通免許しか持っていない人でも、かなり大きめの「4tトラック(例:車幅が約2.3m、車長が約8.5m)※メーカーや車種によって様々です。」を運転することができました。ですが、普通車は概ね「乗用車(例:車幅が約1.8m、車長が約4.5m)」です。サイズがかなり違いますよね。プライベートでは「乗用車」、仕事では「4tトラック」のような方も多かったようです。また、車両の大型化の影響もあってか、事故が多発するようになってしまいました。
そこで「大きなトラックなどの運転は、普通自動車免許よりも高度な技術と知識が必要である」となり、「中型自動車免許」が制度化されました。

中型車、最新のキャンペーンはコチラ
中型自動車免許取得のメリット
中型自動車免許は、車体の大きさに慣れてから大きな車両「大型自動車」に乗ろうと思っている、堅実な方へのお勧めな免許と言えるでしょう。上記でもお話しした通り、「普通車→大型車」の運転は容易ではありません。対向車とのすれ違いや、バック時の死角の違いなど、簡単には感覚的につかむことができません。そのような状態で長距離を運転したりしては、運転手本人が疲労してしまいます。
中型自動車に乗って、車両特性を十分把握してから安全運転を心掛けたい方には最適な運転免許と言えます。
中型自動車免許取得のメリット
中型自動車免許で運転できる車種
中型自動車、普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車が運転可能です。マイクロバスが分かりやすいでしょうか。※運賃を徴収する場合は中型二種免許が必要です。
中型自動車とは、車両総重量:11トン未満7.5トン以上、最大積載量:6.5トン未満4.5トン以上、乗車定員:29人以下のいずれか1つでも満たした車両を言います。
※H29.3.12の「準中型免許制度新設」以降での場合です。
中型自動車免許 入校に必要な条件
中型自動車教習で入校するためには以下の条件が必要です。
①20歳以上
②普通免許取得後、通算2年以上経過している事(免停期間を除く。運転免許経歴証明書が必要な場合があります)
③普通免許はMT車(AT車限定は不可)
④視力は両眼で0.8以上、片眼で0.5以上、深視力2.5mの距離で平均誤差2.0cm以内(カラーコンタクト、度付きサングラスを除く眼鏡、コンタクトレンズは使用可)
⑤赤・青・黄色の3色が識別できること
⑥自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと※障害をお持ちの方は事前に運転免許試験場(運転適性窓口)にてご相談下さい
⑦10メートルの距離で90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器使用可)
その他、持病をお持ちの方や、身体的にご心配のある方は、お住まいの都道府県の運転免許試験場(運転適性相談窓口)にてご相談ください。
普通自動車免許入校に必要な条件
中型自動車免許取得の方法
「指定自動車教習所で教習をうけ、技能卒業検定に合格する」方法と、「運転免許試験場で技能試験を直接受験する(一発試験)」方法があります。
※各都道府県で順序が違う場合があります。
【合宿・通学共通】で、指定自動車教習所で取得する場合は…、
①学校内での練習→②修了検定(公道で運転の練習をする時に必要な仮免許取得のための技能試験)→③路上教習→④路上技能検定→⑤合格後免許試験場にて適性検査(視力検査など)を受けて合格→⑥免許証の交付となります。
【一発試験で取得する】は…、
①免許試験場にて適性検査と試験場コースでの技能試験→②合格すると仮免許を取得でき路上練習開始→③試験場にて本免許技能試験合格→④教習所にて取得時講習(応急救護や中型車の特性の勉強)を受ける→⑤試験場で免許の交付を受ける、となります。
『一発試験』は、後ほどお話ししますが、パッと見た費用は少ないものの、①中型の練習車両を手配する②指導してくれる人の手配②試験場まで行き来する時間と金銭的コスト③順調でも結局教習所にて「取得時講習」を受ける必要がある…などなど、正直言って個人では難しい事ばかりです。
逆に指定教習所(公認とも呼ばれていますが正式には「指定」と言います)では、中型車を教習する場合は練習カリキュラムがシンプルなうえ、予約をすれば車両も指導員も一緒ですし、試験場に行くときは「卒業証明書」を持って免許を発行してもらうために行く1回きり、です。
中型自動車免許取得の方法
中型自動車免許取得にかかる費用・料金相場
上記の①「合宿免許」②「通学免許」③「一発試験」を比較してみましょう。※H29.3.11までを参考に作成した料金です。
下記は「中型8t限定免許」を持っている方の一例になります。
※費用・料金を保証するものではありません。「平均的な」お話しであり、どのスタイルで免許を取得されると良いのかは、各個人によって差がありますのでご了承ください。また、地域差がありますので、それを加味してご覧ください。
①「合宿免許」
・14万円前後~
②「通学免許」
・17万円前後~
③「一発試験」
・4万円前後~
「一発試験、激安!!」と思う方も多いでしょう。ですが、上記の「取得の方法」でも書いた通り、色々大変なのです。
▲試験場での一発試験は平日のみ実施。しかも予約制で、希望の日に試験が受けれるとは限らない。
▲練習用の中型車両や同乗指導してくれる人の手配、料金は全て自己負担(4万円前後+アルファ料金必要)。
▲技能試験の合格率が低め。2~3回位が平均受験回数です。ですが再受験料、行き来の時間と費用は?
▲取得時講習を実施している教習所が多くない。
等、本当に「一発(1回)」で合格すれば、実質の費用や時間は少なくて済みそうですが、現実的に「お得」とは言えない現状です。
最新の中型自動車免許最安値料金ランキングはコチラ
中型自動車免許取得にかかる費用・料金相場
中型自動車免許取得にかかる期間

「一発試験」は外してお話しさせて頂きます。※料金・期間が予想できずお勧めしておりませんので、他サイトでお調べください。
では、「合宿免許」と「通学免許」での取得に必要な期間を比べてみましょう。

「合宿免許」
・普通車MT所持:最短8日間~
「通学免許」
・普通車MT所持:10日間~
※準中型免許新設前を基準にしています。また、追加通学免許もプランによってはもっと早く卒業できる場合もあります。

「通学免許」は、お仕事の合間やお休みに教習所に行くと思います。教習を予約したい日時が他の生徒さんで埋まっているので予約ができない可能性まであります。また、多くの学校では急用でキャンセルするとキャンセル料が発生してしまいます。
その点「合宿免許」は、一定の期間は教習所に入りっぱなしになりますが、効率的なカリキュラムによってストレスなく教習できます。また、体調不良や寝坊等は別として、しっかり真面目に教習を受けていたが延長になってしまった場合は、通学よりも手厚い補償があるので、補習料金がかからない、もしくは少なくて済むというのも一つのメリットです。

中型自動車免許は通学と合宿どちらがお得か
普通自動車免許は通学と合宿どちらがお得か
中型免許やタクシー・バスのような免許は、よく「職業免許」や「プロ免許」と言われているように、この運転免許によって仕事の幅が広がる事を指しています。受験の条件にもあるように20歳以上や運転経験なども問われていると言う事は、中型免許をご希望する方は「将来の目標を持っている成人の方」と言う事です。ですので、ほとんどの方がお仕事の合間で「通学免許」をしようと考えてらっしゃいます。ですが、上記でも述べたように「自分の都合に合わせた予約がとれる保証はない」「延長になった場合の補償が少ない」「仕事や用事でキャンセルの場合はキャンセル料が発生する」など、仕事と日常生活の間では、なかなか難しい所があります。 その点「合宿免許」では、まとまったお休み、たとえば就職期間中などを使って一気に取る事も可能です。ほとんどの教習所が交通費の補助をだしてくれますので、車でのんびりドライブしなら教習所に行き、空いた時間は地元グルメや温泉に行く、とてもお得なのではないでしょうか。
マイライセンスでは中型自動車の免許が取れます
中型車、最新のキャンペーンはコチラ