合宿免許の最短期間はAT車で14日間 流れとスケジュールをご案内

合宿免許のマイライセンスホーム > 合宿免許を最短で卒業するには?

合宿免許の最短卒業期間はAT車で14日間
免許取得までの流れと教習スケジュール

最短で免許を取得するには合宿免許がいいとよく聞きますが、申し込むにあたって、
「最短何日間で卒業できるの?」「教習所の申し込みから免許取得までの流れは?」など気になりますよね。
今回はなるべく短期間で免許を取りたい人のために、合宿免許の最短日数での卒業までの流れ、合宿免許のスケジュール、最短で卒業するために注意することをまとめてみました。免許取得までの予定が組みやすくなる、延長などで追加料金を払わなくて済むことになるかもしれないので、ぜひ参考にしてみて下さい。

合宿免許の卒業までの最短期間は?

普通自動車ATの最短卒業期間は14日間、MTは16日間
運転免許を取得するためには、様々な講義を受講したり、技能の練習や検定試験をパスしなければいけません。それぞれの免許で、必要な受講時間数が決まっています。順調に教習が進み、最後の卒業試験を受けられる最も早い日を「最短卒業日」と言います。
元々は道路交通法で1日に技能教習(乗車練習)できる時間数が決まっています。一日に乗車できる最多時間を練習して順調に進むと、上記の日程で卒業できると言う事になります。
ここでは一番お問い合せが多い、普通車ATを例にして考えてみましょう。

普通車AT(所持免許なし)
第一段階:技能教習12時限 、 学科教習10時限
第二段階:技能教習19時限 、 学科教習16時限

普通車ATの最短期間
第一段階:12時限 ÷ 最多2時限乗車 ⇒ 6日
第二段階:19時限 ÷ 最多3時限乗車 ⇒ 6.3日 ⇒ 7日
6日 + 7日 + 卒業検定日 ⇒14日
※学科教習は1日何時限でも受講可です。 

ただし、全ての合宿教習所が最短期間で卒業できるとは限りません。なぜなら、社員全員研修や休校日等で教習所自体がお休みを設定している時もあります。また仮免許試験が祝日などになってしまうと、仮免許発行機関(免許センター等)がお休みで仮免許が発行できず日程が延長になる場合があります。
ですので、実際に行きたい教習所が決まったら、各教習所ページの「入校日/最短卒業予定日」を確認して、スケジュールを把握してくださいね!

普通二輪の最短卒業期間は4日間、大型二輪は6日間

二輪車も普通車と同じく、道路交通法により1日の最多乗車時間が決められています。 二輪車の免許を希望する方は、すでに普通車を持っていて次に二輪をとろうと思っている方が多いようです。ここでは最短時間を所持免許別にお伝えしましょう。
【普通二輪MT教習】 1:所持免許なし ⇒ 最短期間9日(卒業検定日込み) 2:普通自動車免許有り⇒最短期間8日(卒業検定日込み) ※二輪のMT、ATの違いの詳細は >普通二輪免許とはをご覧ください。


所持している免許によって教習時間は変わるのです。また、大型自動車や二種免許の最短期間や教習時間数を知りたい方は>車種別教習時限数をご覧くださいね。


では、教習時間や最短期間がわかったところで、合宿免許の予約から最終的に免許を取得するまで、どのような流れになるか、見てみましょう。

合宿免許の申し込みから免許取得までの流れは?
一連の流れをご紹介

免許取得には合宿免許も通学免許も卒業後、運転免許センターでの試験が必要
「教習所を卒業すると免許をもらえるのですか?」と言う質問をよく受けます。 正解を言いますと、免許証を発行するところは、運転免許試験場(運転免許センター)になります。公認教習所、正確には「指定教習所」と言いますが、都道府県の公安委員会から「この教習所はしっかりしているので、ここで運転免許の練習・勉強をして卒業したら、免許試験の一部を免除してあげる」と言う事なのです。※本当は非常に厳格な基準があります。また、マイライセンスの提携校は全て指定教習所です。
運転免許を取得する為には、免許試験場で2つの試験に合格することが必要です。 「技能試験」と「学科試験」です。ですが、教習所発行の「卒業証明書」を提出すると、この「技能試験」が免除になります。あとは、「学科試験」を運転免許試験場にて90点以上で合格すると、やっと免許を取得する事ができるのです。
※この制度については、「免許から探す」→「各免許の種類」→「>>〇〇免許取得の費用・条件・期間など」に細かく記載してあります。

普通車ATの免許取得には、学科教習は26時間、技能教習は最低31時間以上が必要 各運転免許によって学ばなければいけない「教習時間」が決まっている事は先ほどお話ししましたが、実際の「一連の流れ」をどのような感じなのでしょうか?
シンプルではあるのですが、たくさんのご質問を頂くので専用のページを作っておきました。
>合宿免許 取得までの流れをご覧ください。


では、合宿教習所に入校してからのモデルスケジュールをこれから見てみましょう。

合宿免許は、自由時間はあるの?モデルスケジュール大公開!

合宿免許の1日の流れ。プライベート時間は平均4~5時間
せっかく遠くまで来たのであれば、知らない土地を散策したり観光したりもしたいですよね!でも、合宿教習は短期間で卒業するために「詰め込んだ教習で忙しい!」と言うイメージではないでしょうか?
取得希望の免許にもよりますが、普通車であれば平均で4~5時間の自由時間はあります。
ただし普通車の方は仮免許学科試験や学科効果測定がありますので、空いた時間は一生懸命勉強!と言う方も多いのが現実です。やはり不合格で延長したくないですしね。
また、大型車やけん引車のような学科の無い合宿教習の方は、一段階2時間、二段階3時間の技能教習(3時限の連続教習は不可)しかありませんので、プライベートな時間はたくさんあります。
では、一番生徒さんが多い「普通車AT」のモデルスケジュールを見てみましょう。

普通車モデルスケジュール表

通学免許の場合は、自分で予約を取らなければいけませんが、合宿免許は効率よい受講予約を教習所が組んでくれますので、その煩わしさがなく有効に時間が使えます。ですから、プライベートな時間も楽しめますね!
でも…。油断したら最短で卒業できないかもしれません。
ちょっと心配になってきました?では、最短卒業の為の心得を教えます!

期間を延長せず、追加料金をかけずに最短で卒業するための心得

合宿免許では参加者の約8割~9割の人が最短日数で卒業している
8~9割の方が最短日数での卒業って高確率ですね!これこそ、「効率よく・無駄なく・集中的に」教習できる合宿免許のメリットです!でも当然ですが、それなりに心得が必要かとは思います。
ではどのような心得かと言いますと…
①技能:「指導員の話をよく聞く事」、「積極的に質問する事」です。
指導員は運転を指導するプロです。的確に教えてくれますのでそれに従って真面目に取り組むことが最低限必要です。オリジナルな操作や基本から外れた運転は、あとになってマイナスに働いてしまう事が多いです。基本をしっかり身に付ける事が大切です。
また、質問する事も重要です。分からないままにしないで、指導員や受付の人にも質問しましょう。必ずヒントが見つかります。同じ日に入校した人に声をかけてみてください。生徒さん目線の言葉も、お互いに新しい発見があるはずです。
②学科:学科教習は、高校・大学の講義のような感じです。指導員が1時限の中で、「道路交通のルールやマナー等」について、範囲を絞って講義をします。講義中の指導員とは距離が近いので質問しやすい環境ですので遠慮せず聞きましょう。また、今はネット学習などもありますので、最短卒業したい方は自習も大切です。


以上が心得ではありますが、技能試験の時って緊張しますよね…。また、乗り物が苦手な方は「技能延長があっても安心して教習できるプランにしたい」と思う方もいると思います。そのような場合は、各教習詳細ページ ⇒ 料金表の保証内容 を見て下さい。
数時間延長無料の教習所や、卒業まですべて延長無料の教習所もありますので、チェックしてください。ただし、自己都合(寝坊や風邪など)で予定の教習をキャンセルした場合は、延長料金の対象となりますので注意してください。

合宿免許を最短期間で卒業できない理由と対策方法。特に体調管理には気を付けよう
具体的に延長宿泊になってしまうパターンも考えてみましょう。
「寝坊や遅刻で教習を受けなかった」、「夜更かしして体調不良のため1日教習を休んだ」等は最短で卒業できないだけでなく、追加料金が発生してしまいます。いわゆる「自己都合キャンセル」にあたります。体調と時間は自己責任でしっかり管理しましょう。
逆に、「教習を真面目に受講していたが、思うように上達しなくて延長になった」「1日に一回しか受けられない学科試験が不合格になった」等も延長にはなりますが、追加料金は発生しません(※仮免許学科試験が3回連続で不合格の場合は一時帰宅し、地元の免許センター・試験場で仮免学科試験合格後、再度の入校になります)。


では、最短で卒業するための心得が分かったら、次は自分の予定に合った教習所をさがすコツを考えましょう!

今すぐ申し込みできる合宿免許を見つけよう!教習所の選び方ガイド

自分のこだわりも大切にしながら、少しでも早く入校・卒業できる教習所探しを
このページをご覧の方は、「一日でも早く免許を取りたい!」と思っている方が多いと思います。
とにかく「最短の日程重視で探してみよう!」と言っても、自宅から遠すぎる教習所であれば夜行高速バスで思った以上に時間がかかってしまう時もあります。
ですので「合宿免許は短い日数で安く教習できる」と分かったら、一日でも早く相談をすることです。特に、繁忙期と言われる7.8.9月、2.3月は、早い人は三か月前から「相談⇒検討⇒予約」しています。
>春休み合宿免許はこちら
>夏休み合宿免許はこちら

また、相談する時にはある程度の「こだわり」を明示する事で、ご希望にあった教習所が見つかりやすくなります。
>「こだわり」から合宿免許を探したい方はコチラ
その他「とにかく安さ重視で探している!」と言う方は、>格安キャンペーンのご案内をご覧ください。
ですが、教習料金は比較的高額です。ですので、ゆっくり選びたいなぁと思う方は>教習所選びのポイントをご参考にして頂き、一つ一つチェック項目を押さえても良いと思います。

まとめ

最後に、このページのポイントをおさらいしましょう。
短期間で免許を取得するなら合宿免許がおすすめ
合宿免許の申し込みから免許取得までの流れを把握しよう
合宿免許の自由時間は一日平均4~5時間ある
最短での免許取得の一番のコツは、何事も真面目に取り組むこと
合宿免許で免許を取る事を決めたら、できるだけ早く教習所を探そう


最短で免許を取るためにはある程度の「一連の流れ」が分かると予定を組みやすいですよね。ただ、初めての事ばかりですので、疑問点がたくさんあると思います。
そんな時こそ、マイライセンスにご相談ください!
「とにかく早く卒業できる合宿教習所を教えてください!」や「どうやって選んでいいのか分からないのですが…」でも、お話を聞きながら細かくご説明・ご案内します!LINE や mail でのお問い合わせが可能ですので、電話番号を教えてたくない方、SNSのほうが使い慣れている方にはおすすめです。


また、教習所探しで人気のあるページは下記になりますので、ご参考にしてください。
>「こだわり」で探す合宿免許 はコチラ
>「都道府県」から探す合宿免許 はコチラ