職業別車種別一覧

職業別車種別ロゴ

職業によっては、それぞれ必要な免許が異なることがあります。就職や転職の時に免許の有無で選択肢も変わってきます。
このページでは、職業別で必要な普通車以外の車種をご案内しております。
それぞれの職業別に希望車種を選択頂くと、ご希望の免許詳細とキャンペーンやランキングページをご覧頂くことができます。


>>簡易な配送業…準中型

準中型車イメージ画像

準中型車とは、車両総重量3.5t以上7.5t未満、最大積載量2t以上4.5t未満、乗車定員10人以下の車両を言います。
「普通免許」では運転できない、宅配便・コンビニ配送、保冷車等が運転が可能です。

>>配送や引越し業…中型車

中型車イメージ画像

中型車とは、車両総重量7.5t以上11t未満、最大積載量4.5t以上6.5t未満、乗車定員29人以下のいずれか1つでも満たした車両を言います。
大型の自動車は運転する予定はないが、軽微な配送や引っ越し等に従事する場合は、必要になる事が多いと思われます。

>>長距離運送業…大型車

大型車イメージ画像

大型車とは、車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上、乗車定員30人以上のいずれか1つでも満たした車両を言います。
主な業種は、長距離を走る大型トラックドライバー、ダンプカードライバー、ミキサー車ドライバーなど。

>>トレーラ運送/土木建築業…けん引/大型特殊

けん引/大型特殊イメージ画像

けん引免許は、750kgを超える「重被けん引車」を、けん引するために必要な免許になります。
大型特殊免許は、フォークリフトやクレーン等を公道にて運転する場合に必要な免許になります。

>>バス運転業…大型二種

大型二種イメージ画像

第二種免許は運転によってお客様から料金を頂く「運転のプロ」であり、更に運転できる車両は10mを超えるような大型のバスであるため、 高度な技術だけでなく運転者としての高いモラルが必要です。大型二種を取得すれば、タクシーなども運転が可能になります。

>>タクシー運転業…普通二種

普通二種イメージ画像

普通二種免許とは、「お客様から料金を頂いて運転をするときに必要な」運転免許を言います。
タクシーを運転するためには必須の免許です。大型や中型のバスの場合は、また別の免許が必要になります。