合宿免許とは?そのメリット・デメリット

合宿免許のマイライセンスホーム > 合宿免許とは?そのメリット・デメリット
メリット・デメリット

合宿免許とは?
元指導員の目線でチェック!

「合宿免許とは?」を、元指導員のマイライセンス齋藤が解説します!
合宿免許とは、(1)お安く、(2)短期間で、(3)楽しく、(4)お好きな教習所で、運転免許取得に必要な技能・学科を習得するとてもお得な教習を言います。
私の学生時代(1990年代)は「合宿免許?なんか恐そう…」と言うイメージでした。
私の勝手なイメージかもしれませんが、同じく思う人は多いのでは?
教習指導員も「恐い!」「失敗すると怒鳴られる!」等、良い印象はありませんでした。でも、命を預ける自動車の免許なので厳しいのは良い事ですけど。
最近の教習所は、サービスも向上し、「学びは厳しくも楽しく!」教習をしている教習所がほとんどです。あまり心配しすぎて、自分で壁を作らない方が良いかもしれないですね。
また、合宿で行うので短期集中の教習をする事で、合格率も高くなっており人気があります。
具体的なメリット・デメリットは、これからお伝えしますが、まとまった休暇があり、少し遠出して初めての場所で、初心にかえって勉強する事はとても気持ちがいいですよね。

※「遠出」で思い出しましたが、2020年11月現在、GOTOトラベルにて合宿免許は対象外となりました。残念!
私のつまらない話より、格安教習所を知りたいお客様は
>『期間限定の格安キャンペーン』
>春休みの最安値ランキング2021年はこちら
>夏休みの最安値ランキング2020年はこちら


では、下記に「メリット・デメリット」を記載しましたので、是非参考にしてくださいね。

元指導員が
合宿免許のメリット・デメリットを解説!

通学よりも料金がお手頃! 【メリット】
なんと言っても教習料金が低めに設定されている事!ココが大きいです!!
合宿教習所は癒し系の地方にあるので(笑)、安くできるのです。時期にもよりますが、5万円~10万円位も通学よりも合宿が安い時があるのです。
しかも「合格まで追加料金なし」と言う合宿教習所もありますし、3食付きでもこんなに安い!?なんて所もあります。
>格安の普通車キャンペーン一覧

【デメリット】
これは通学・合宿一緒だと思いますが、自己都合キャンセルは追加支払いが必要です。 例えば、遅刻、予約時間の勘違い、体調不良での急なキャンセル、これらには追加支払いが必要になります。
短期集中なので予定が読める! 【メリット】
通学教習所でも短期間で卒業できるよう「最速プラン」や「スピードコース」等のオプション設定があります。これはほとんどの場合が「追加料金が必要」なのです。
ですので、チラシなどで「うわ!安い」と思っても、あとからオプションを追加すると、案外高額になった…、と言う話をよく聞きます。
また、意外に多いのが、「通学免許に通っていたが、予約が取れなくて…」と言う方が合宿免許に申し込むパターンです。
特に夕方の時間帯や、大きな車両の教習は、人気の時間帯があるため、予約が取れず、教習期限(入校してから9か月)で卒業できない方も多々いらっしゃいます。
ですが、合宿免許は「短期集中」をモットーにしているので、忙しいですが、毎日2時間などの教習枠を自動的にもらえるので、予約やスケジュール管理が不要なので安心です。

【デメリット】
普通車の場合「約2週間」という、まとまった時間を遠く離れた場所で過ごす必要があります。この期間は家に帰る事はできません。
最短のカリキュラムを作って皆さんに短期間で卒業してもらえるように設定していますので、「おうちのご飯が食べたくなったので、少し帰宅したい…」、 「仕事の都合があるので、3日間、地元に帰りたい」などは、できません。
よほど合宿教習所が暇な時期で、日程調整ができるようであれば、教習所の許可や指示のもと、一時帰宅できる可能性もあります。 ですが、原則として、一時帰宅は認められていません。これは、忙しい人には、大きなデメリットになると言えます。
楽しい!プチ旅行気分&色々な人と出会えます! 【メリット】
友達と旅行気分で知らない土地での合宿教習、魅力的ですよね!
初めての土地で、知らない人と出会い、美味しい物を見つける、なんて地元じゃできないですよね!
>癒しの温泉も合宿中に楽しめる教習所一覧
交通費については、多くの合宿教習所が補助金を支給してくれます。 ですので、遠い場所に行くときも、教習所の補助金を使えば自己負担をほとんどしなくてもOKという場合が多いです。
交通費(往復分)は、卒業時に「卒業特典」として支給されますので、教習所に行く費用は自分で一時的に立て替えていただきます。

【デメリット】
通学免許は自宅の近くなので、あまり交通手段にこだわらず行けると思います。その点、合宿教習では電車や高速バスなどでの移動ですので、一本乗り遅れた、電車が遅延した、 などで指示された集合時間に間に合わない場合は、入校できずキャンセル扱いになる場合があります。
全国約60校の中から、教習所を選べる! 【メリット】
交通費の補助金を支給する教習所がほとんどですので、皆さんは「全国どこでも行けるチャンスがある」と言うことです。
さすがに、「沖縄在住だけど北海道に合宿免許に行きたい」と言う場合は、交通費の自己負担はかなり必要となるはずです。
マイライセンスでは、全国に約60校の教習所と提携しているので、その中から、「自分の予算、住んでいる場所など」を参考に、皆さんに適した教習所をご提案します。
【デメリット】
選択肢は少ないより多い方がよいですよね。この点においては、デメリットはないと言えます。

まとめ

安いだけでなく、交通費補助まであるのであれば、初めての景色をみたい・その土地の郷土料理などを食べたい私は「合宿免許」を選びます!(あくまでも個人の意見です!)
ただ、前提は「まとまった時間がとれるかどうか」です。
「入校日11/1、最短卒業日11/15の合宿免許に申込みたい。11/16には学校が始まる」と言う方には、合宿免許ではなく通学免許をおすすめいたします。
合宿免許は、旅行や観光ではなく「運転免許の勉強」です。絶対に最短卒業日に卒業できる保証はありません。誰しも得意不得意があるので、ゆとりのある日程で万が一に備えて、 合宿免許を検討してくださいね。

合宿免許を選んだ理由と感想を聞きました!



合宿免許帰りのミスコン参加者さん!「生の声」はコチラ
これから新幹線で新潟へ! 期間限定割引 キャンペーン 春休みの合宿免許